実績に関するよくある質問

Q:相談を受けた会社で、倒産した会社はありますか?
Q:無料面談後、コンサルティングの依頼をしても断ることはありますか?
Q:第2会社方式や会社分割などの事業再生も積極的に行いますか?

Q:無料相談を受けた会社で、倒産した会社はありますか?

A:会社破産をしたケースは存在します。しかし、それで何もかも失ったわけではありません。新会社を設立し優良資産移行、その後旧会社を倒産させたスキームを行うこともあれば、会社を倒産させ、社長のその後の生活の保全を図るために破産申し立てをしたケースもあります。
  
つまり、後ろ向きな倒産自体は一社もないということです。
Q:無料面談後、コンサルティングの依頼をしても断ることはありますか?

A:断ることはありません。しかし、他のコンサルタント会社のような、「どんな状況でも再生可能です」というつもりは毛頭ございません。ただし、経営者が諦めないのであれば、当実践会から拒絶することはございません。
Q:第2会社方式や会社分割などの事業再生も積極的に行いますか?

A:
積極的というほどでもありません。というのも、相談に来られる会社の多くは10億円以下の企業の赤字体質の会社です。第2会社や会社分割は、非常に多くの債権者や利害関係者を巻き込んでの再生になりますので、相当デリケートな手法です。最近では、書籍やネットなどで簡単にできるみたいなことが書いてありますが、この再生手法は前提が必要です。

・営業利益が十分に確保できている
・債権者が少ない
・協力してくれる第三者の存在
・第2会社方式や会社分割の費用が払える

など、簡単に上げても上記はクリアしないといけません。私のところに相談に来る会社で上記の問題をクリアしている会社は、そもそも相談に来ません。
しかし、上記の状況を全てクリアするくらい改善すれば積極的に実施します。

しかし、まずは今の会社で再生することを中心に戦略を考えます。

会社分割には様々な手法があります。

・債権者に同意を得ながら実施する方式
・私的に新会社を設立する方式

当実践会の実績上、私的の新会社設立などを実施することはよくあります。


万が一、電話相談などに抵抗がある場合は、まずは当実践会が配信している限界突破の倒産回避術
をメールマガジンで無料配信しております。こちらをご購読してみてはいかがでしょうか?

貴方の会社を再生するノウハウを詳しく知りたい方は、ぜひご購読をおススメします。
その他にも、私なりの日本経済の時事ネタなどを随時配信しております。

メールアドレス*

メールマガジンを本気で購読したいと思う方は、携帯・スマホアドレスでの登録を推奨します。
  (読み忘れ・流し読み・不達を防ぎ、貴方の知識・ノウハウとして頂くため、強く推奨します)