サービス内容についてよくある質問

Q:サービスの料金体系について詳しく知りたい
Q:他社との違い、強みについて教えてほしい
Q:電話やE-mailでの相談は可能ですか?
Q:地方への支援も可能ですか?
Q:顧問契約中は、休日・祝日でも相談対応など可能ですか?
Q:対応できない業種などはありますか?

Q:サービスの料金体系について詳しく知りたい

A:当社には、「無料電話相談」、「無料面談」「会員制コンサルティング」「顧問契約コンサルティング」があります。

■無料電話相談サービス
・自社の状況を確認したい
・今後の方向性を知りたい
・改善策を教えてほしい
など、無料電話相談をお受けします。

■無料面談サービス
最大90分間まで
ただし、2回目以降も面談希望の場合は、60分毎に10,800円となります

■会員制コンサルティングは、32,400円/月額となります。
顧問契約を依頼したいが、金額的な問題だったり、距離的な問題だったり、来訪するほどではない、またはアドバイスや資料提供だけをしてもらい自力で自社を再生したい場合などにご利用いただくサービスです。

■顧問契約コンサルティング
一定期間に御社の資金繰り、貸借改善、損益改善などを行っていきます。
社長が「もう当社は大丈夫だ」と思えるまで継続して事業改善を行います。
料金については、会社の資金繰り状況を踏まえて決定いたします。
(年商などによっても違いますが、目安としては5万円〜となっております
Q:他社との違い、強みについて教えてほしい

A:自分の会社を倒産させてしまうかもしれない恐怖感や眠れない日々、銀行との交渉の不安など、経営者が抱える心理的不安を、元経営者として同じ立場で理解し、克服する解決策を提案します。経営者が抱える不安は、経営に携わってきた人にしか分からないことも多々あります。例えば、

・粉飾決算開示への不安
・給与未払いに陥る不安
・来月の資金繰りに関する不安
・銀行交渉を自分で行う不安
・倒産後の生活不安
・後継者の将来など

上記のように、経営者が抱える不安はあまりにも多いものです。
それを、たった一人で解決することは非常にタフなことです。例えば、今まで全く銀行対応してこなかった経営者に、コンサルタントが

「まずは銀行交渉をして返済を猶予してもらってください」

などと言われても、そう簡単にできるものではありません。それができたら最初から自分でやっているはずです。そういう経営者の抱える不安も分からないコンサルタントも非常に多いのです。(※最近では返済猶予自体は難しくはありませんが、その場しのぎの対応により、後々の猶予の延長や計画未達の際の対応が困難になることが多々見受けられます。)

今の業況になったのは全て経営者の責任だと簡単に決め付け、その責任として経営者が一人で銀行に出向いて交渉することはあまりに過酷ではありませんか?

これから会社を立て直していかなければならないのは、当然社長です。ただ、その立て直すまでのプロセス・交渉までも全て抱える必要があるでしょうか?

当社は、社長の分身・サポーターとして共に交渉・再生を行うコンサルティングを強みとしています。
Q:電話はE-mailでの相談は可能ですか?

A:はい、緊急のご相談やちょっとしてご相談までお電話にて受付しております。ただし、日中は他のクライアント様へご訪問している場合もあり、お電話がつながらないこともあることだけ、あらかじめご了承くださいませ。(後ほど、ご連絡いたします)面談でのご相談も対応しております。ご利用の際は、ウェブサイトからお願いします。(現在、メール相談は行っておりません)

 → ウェブサイトからのご相談
   受付時間:24時間365日 

Q:地方への支援も可能ですか?

A:はい、可能です。会社に伺う際には、別途交通費を実費にて頂くようになります
Q:顧問契約中は、休日・祝日でも相談対応など可能ですか?

A:はい、可能です。緊急や何か不測の事態が発生しましたら、遠慮なく私の携帯にご連絡ください。すぐに対応いたします。
Q:対応できない業種などはありますか?

A:ありません。業種によってお断りすることは一切ございません。


万が一、電話相談などに抵抗がある場合は、まずは当実践会が配信している限界突破の倒産回避術
をメールマガジンで無料配信しております。こちらをご購読してみてはいかがでしょうか?

貴方の会社を再生するノウハウを詳しく知りたい方は、ぜひご購読をおススメします。
その他にも、私なりの日本経済の時事ネタなどを随時配信しております。

メールアドレス*

メールマガジンを本気で購読したいと思う方は、携帯・スマホアドレスでの登録を推奨します。
  (読み忘れ・流し読み・不達を防ぎ、貴方の知識・ノウハウとして頂くため、強く推奨します)